出血性胃潰瘍で悪化すると入院する場合も有ります


出血性胃潰瘍での入院
胃潰瘍というと近年ではH2ブロッカーやプロとンプンプ阻害薬といった特効薬的な
内服薬の開発によって、昔のように手術をする必要性は激減し、
比較的楽に治療することが可能になりました。



しかし手術の可能性は減ったと言えども場合によっては入院や手術が必要になることもあります。
出血性胃潰瘍の場合は緊急入院が必要になります。
たまに芸能人なんかが胃潰瘍で緊急入院なんていうニュースがありますが、たいていがこの出血性胃潰瘍です。その名の通り胃潰瘍が悪化して出血を伴うわけです。



胃潰瘍は胃酸が出すぎることによって胃壁に傷がつくのですが、
ひどくなると穿孔といって穴が開くこともあります。
そういった穴であったり潰瘍のできた場所の血管が破れることで出血し
吐血や下血といった症状が出ることがあります。

スポンサードリンク


出血性胃潰瘍での入院
出血性胃潰瘍と診断された場合緊急入院して
その日のうちに手術が必要になります。
逆に言えば出血するまで進行していない胃潰瘍であれば入院する
必要はほとんどないという事になります。



胃潰瘍の治療は前述のH2ブロッカー等の特効薬によって胃酸の分泌をコントロールしたり、
粘膜保護剤で粘膜を守ったりと内服薬での治療がほとんどです。
ですので胃潰瘍の諸症状がある場合は悪化する前に
病院へ行けば大事になることはまずありません

スポンサードリンク


タグ:出血性胃潰瘍での入院 出血性胃潰瘍
債務整理方法
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。